ハシビロコウ

悪人はやっつけろ!正義の名において・300609

025-1_20180609181520181.jpg


banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。

大騒ぎをした割にはたいして役にはたっていない

世の中なんてそんなもんさ


溺れた野郎を何人も引き上げた

(ただし、泳げるけれど何らかのトラブルで溺れそうになったという人に限ってです)
(足が攣ったとか)
(水練が未熟だったりまったく泳げない人の場合は黙って動かなくなるまでみてました)
(見分けはすぐにつく)
(泳げない人が溺れると両手を水面から挙げてばたばたと暴れるからです)
(この場合の救助法は改めて書きます、長くなるので・・・・・)



仰向けで泳がすのさ

そして薪を担ぐように背負うのさ
このとき『顎』に手を架け息が充分に出来るようにして


空を観ろ!と声をかけた



このとき抵抗する奴など居なかった
『抵抗』は藁にも縋るという愚かな行為だとしっていたのか


水から挙げるときには屈辱を嫌と言うほどあじあわせました

おいらより
ふた周りはあろうかとおもわれる大人も


髪の毛を鷲掴みにして引き上げたものです
この無様は命と引き換えにしたものでございます





水を舐めるな!





嫌な時期がやってきた
毎年今時は気が重い
水練に長けた者でも増水した川には入らない

おいらは腰越海岸から初め
丹沢のダム湖や養老渓谷の河川でも散々泳いだ

同じ湖でも
山中湖と四尾連湖では水温が違うのさ


俺は
とある団体の水難救助員の資格を持っている
(日本赤十字ではない)
だがしかし

現場で溺れたものにこのカードを示したとして何の効力もない


泳げない親は水の怖さを子供には教えることが出来ません
こんなの親と呼べるのでしょうか


せめて
水辺には近づくなと訓えて欲しい





後日
溺れし者から連絡のあったためしがない
それはそれでいい
溺れたということが『恥』だと認識されたということだから



街道を気をつけて歩んでいただきたい
次に溺れたとしても
その場にはおいらは居合わせないかも知れないからです





これはブロ友さんからお借りしました・・・無断で
かたつむり どこで死んでも わがやかな  一茶

一茶の死生観たるや、といったところでしょうか
これほどまでに死を軽く扱うとは・・・・あはは




いたずらと『寛容』はセットさ

img331.jpg

風も無いのに風鈴が鳴った
それも
二度も三度も


うるせえな~と思いガラス戸を見やった
そこにはヤモリが


直ぐには判らなかったが
彼女は内側にへばりついているのか
ならば
外へ出せと言っているのかも


外からおいらを窺っているのか
どうやらこちららしい


風鈴が上の『姉』で
やもりがいもうとさ



はよ
寝ろ!と言っているのかも
聊か酔った
寝るベ・・・・あはは







0821イバラカンザシ青縮小





人気ブログランキングへ

コメント

助けようとして

 助けられない人が人を助けようとして、一緒溺れる悲劇。二重遭難はいやでやんす。でもそうは思っても放っておけないのが情というものでやんす。しかしそれを冷静に判断し犠牲を最小限に抑えなければならないのがプロでやんす。なのに人は彼らを冷血漢と呼びます。

  • 2018/06/10(日) 14:11:48 |
  • URL |
  • miss.key #eRuZ.D2c
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hasibirokou.blog.fc2.com/tb.php/1413-5c9606cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad