FC2ブログ

ハシビロコウ

綺麗なおんなと旨い酒・300814

2016-01-15 306-1


banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。

yamamoto jyunko 紅い花白い花 300813 0:00
(赤い花白い花)




太った太ったと言うからどんなかと思ったが以前と然程変わらない
それよりも驚いたことがある

目尻に鴉の足跡?
皺どころか滲みさえも無い

つるつるぴかぴかの一年生である
肘から手首にかけても、もちろん手の甲も・・・・



オウム  300814 14:59


このオウム君の怒声を通訳いたします
『お前のか~ちゃん!でべそ!』でしゅ
このフレーズを繰り返しました
あはは


やっぱ姐さんはこっちかな 300813 0:33

持てる声量のせいぜい五割といったところか
この姐さんと・・・夕べは召しを食った
あはは



いかん!
ひばりを聴いていると止め処ない
ここいらで
母に還るとするか
涙が出てきた
寝よ!
あはは



ここからはちと【惚気チック】になりますので

ケッ! と思われそうなかたはスルーをしてください

姐さん綺麗だったよ
これほんま
だってべんちゃらいったて何もくんないでしょ
相変わらず冷たいおんなだった・・・・
これもほんま
あはは



お酒が進むに連れて姐さんはおいらを攻撃(口撃)しだしました
あたしゃね~
二年もあなたを護ってきたよ~(おめ~から貴方に格上げでしゅ)

ブロガーさんにはいろいろな人がいて
随分と喧嘩別れもしました
姐さんはおいらとそのブロガーさんともコメントのやり取りがありましたが
悉くおいらを擁護したということです

おめ~はそんな私の苦労をまったくしらない!
(今度は貴方から【おめ~】に格下げでしゅ)


更にお酒が進みますと
貴方を護ったこの二年が・・・三年と変化しました

ここでおいらは修正を入れました
出会いから数えると何年?でしゅかです


五年になります
そのころと眼差しは少しも変わることがありませんでした


なんでいいところがひとつもない【蛸助】をここまで護ってきたんだろ?
(メリー姐さん談)
その問いかけにおいらは
そのお答えはおいらにはありません!
ご自身でお探しください!と言った




怒った
怒った
あはは





あのね姐さん
頭の悪い小学生はね【・・】の関心を自分に向けさせることに腐心するんでしゅよ
あはは


姐さん
重い思いをさせてごめんなさい
お渡ししたい本が二冊から四冊になり
タクシーに乗り込んだときに後悔しました(計20冊くらい)
これを持ち帰るのはかなりしんどいかも、です
でもね




でもね
あの【黒い本】はしっかり読んでください
姐さんの実生活に合わされれば効果は絶大のはずです


おいら・・・・・・












人気ブログランキングへ

ステンドグラスとオルガン・300812

KIMG0013-1_20180812111435bae.jpg


banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。

ラベンダー0810

忠臣蔵?そんなの今じゃはやんね~よ、といったやつがいた
三人ほど
こいつらは悉く病に冒された
お医者の言うがままに検査検査さ

痛くもない腹を探られて挙句は薬漬け
他人(お医者さん)に縋って寿命を縮めてばかりこいつら、アホか






・・・槍の助太刀を丁寧に断った
これが玄蕃を切腹から救った

この大石の想いに【世の条理を知った】のさ
・・・・こんなことが連続して起こったのがおいらの子供時代さ

三波春夫  300811 14:02


演目の中ほどに『今宵名残に観て置けよ』・・・・という台詞が出て参りますが、これは別れを示唆したものであります

夕方雨が降った
大きく雷鳴が鳴り響いたので雨は予測できた
だが
あまりの大粒に驚いた
これでは朝顔の葉に穴が開くのかも
・・・・・



かみさんが笑ってた
なんでも狸が雷が恐いと啼いたとか


しかしそれい以上のことは起こらなかった
あはは


みんなが意外と知らないことがある
戦後進駐して来た兵隊さんは実戦経験はなかったのである
実際に戦場で日本と戦った兵士は【その恐さ】に怯え

日本に畏怖さえ覚えたのとか
そんな彼らはだれもが『日本行き』を拒んだのだとか


MP?
よって彼らは『戦争をしらない子供たち』さ・・まんがか


午後十時氷を採りに階下に下りた
何をしてるの?(これ、かみさん)
狸はクーカークーカー寝息を発てている


おいらは忠臣蔵の映像を観ていて目が冴えた

明日もあるからもう寝るか


/


日曜の朝でございます
紫玉葱をスライスして馬刺しをのせました葫もたっぷりと卸しました
えっ!そんなにスタミナをつけて何をするのか?ですか?


ほっといて!
ついでになまたまごも三個くらい飲みましょうか?
あはは


姐さんに差し上げる本のピックアップもほぼ済んだ
おいらは幸せ者だ
だって
いくらかでも世の中に貢献しろと爺に言われて育った
爺ちゃん!・・・・・これでいいでしゅか?
あはは










人気ブログランキングへ

『覚悟』に裏打ちされしもの・300810

banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。

お味噌お醤油そして人にも
なんにでも
【真贋】があります


例えば梅干
常温でも腐らないのが梅干でしょ
ところが鰹梅とか蜂蜜いりの梅とかには
『開封後冷蔵庫』に入れてくださいとの表示があります

どゆこと?
常温では何かが起こるの?


母親にだけは滅法強い頭の悪い小学生が居ったとさ
言葉ずかいも乱暴さ
ところが当人も母も父も一向に気に付さない
池の鯉が口をパクパクさせているくらいにしか思わなかった


何故だ?
それは近所のおじさんやおばさんや【爺・婆】から評判を貰っていたからである


朝な夕な勿論昼日中でも


この頭の悪い小学生は【確かと・しかと】挨拶が出来た
ただ
それだけのことである

ラベンダー0810






刃傷(人情)松の廊下  藤圭子  300809 23:33




確かに叱られたことはなかったが白虎隊とかを観るとぽろぽろと涙を零したらしい
忠臣蔵の浪曲には・・・・もういけません
おいら理不尽とやらには滅法弱い



爺はおいらの泣き顔をみあてよく笑っていた
おいら?・・・・漫才?・・・・あはは





人気ブログランキングへ

歳を食ったら姉と暮らそう母ではちとしんどい、あはは・300808

banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。


姉とか母とかは年齢では御座いません
心のよりどころということです


ターコ濃い0808




電車でお年寄りなどに席を譲る【ちょっと】したコツを餓鬼のころに会得しました
一回目の挨拶は【たいへん】ですが(見ず知らずの人なので)
二回目からは知ったひとでしゅ


つまり
二言目からは知り合いとなった人との会話ですから
さり気無くお年寄りとか妊婦さんにも気軽に声を掛けられました
(見た目は妊婦さんだが妊娠していない女性も含めます・・)


今日は暑いですね  都下
バッグを持ちましょうか  とか
殆どの場合皆様遠慮をなさいますが
ここで畳かけます・・・次で降りますから、でしゅ
隣の車輌に移ればいいだけでしゅから
あはは


ローズ0808


身体とはなんとも不思議
ターコ濃い0808
目から大粒の汗と鼻水が同時に垂れた


父に褒められた記憶はない
尤も当たり前のことを【当たり前】に遣ってきただけだから
褒められる筈もない


いま少し想う
叱られることが無かったということは
褒められたということと同義か・・・・


良い顔に成ったと思う
目はくぼみこめかみも頬もおちこんだ
次に親父に会ったとして

親父はおいらがわかるのか
・・・・・たぶん判る


自分と同じ顔だからさ・・・・・・あはは



梅婆ちゃんにはよく尻を叩かれた
なんで叩くんだよ!というと

『スリッパで』と返ってきた
なんでも『手』で叩くと手が痛いらしい・・・・

違う!おいらが訊いたのは叩かれた訳(理由)さ
すると梅婆ちゃんはダンボールの箱を指差し
『中見てみ』だと


箱を覗くといろいろな野菜が


・・・・つまりおいらは食べ物を足蹴げにしたらしい


タイヘイトリオ  ♪泣いて昔が~還るなら~誰が愚痴などいうものか・・・・うん!300808 11:05
////
どうもこの動画はいけません
悉く映像がカットされてしまいます
【浪曲漫才】とぐぐって皆様でお楽しみください

写  300809 11:57
300808 11:32 やがて遣ってくる【冷気】にご挨拶です  そして夏に有難う、です


8月8日の夕方で御座います
なんでも台風がやってくるらしい
子供の頃は【大水】とか云って恐いと思ったものです
今では車も発達して台風であれ外出に苦労はしません
しかし
自然の驚異を認識しなくてはいけません

源爺ちゃんは葦を仕舞ったり雨戸に釘を打ったり
飛ばされそうな桶などは土間に仕舞いました

さあ恋(来い)!台風!
おいらは飛ばされてやる!・・・・・・あはは
皆様に被害がありませんように・・・








人気ブログランキングへ

あの日君は夏にいた・300806

KIMG0034-1_20180806193254422.jpg


banner.gif
人気ブログランキングに参加しています。


或る日
裸の王様と云う童話に出会った

六歳とか七歳の頃だったのかもしれない
ありえないと思った
裸は誰が見ても裸だ


童話といえば幼子に夢を与え人の心を育むものです


しかし裸の王様は『大人』が画いたものでした

このときおいらはつくずく
大人は馬鹿だと思いました




クーラーを使わなくなっての四度目の夏が終わろうとしている
この時期熱中症になる人は低体温のような気がしてならない
赤0804

ペットボトルに半分水をいれて冷蔵庫で凍らせます
取り出してテーブルに置きます
すると外側にはびっしりと水滴がつきます

これは冬場の室内に出来た結露の
外、内が逆になった現象です

やがて
ボトル内の水は外気温と同じになりますが
ボトル上部の内側にへばりついた水滴は其の儘変わることはありません


キャップを開けてみてください
【水滴】は静かに下の水と同化し
やがて【水】は気温と同じとなります

これは同じ空気を扱えば何者も同じように作用するという証しでしょ


人体も家屋も密閉されているように感じます


汗を搔いて塩を噴き
塩湯に浸かり【塩】を流し
お塩たっぷりの西瓜とトマトを戴きます


物流とはそうしたもんでしゅ・・・・・?
あはは


こうも暑いと鮨屋に行く気もうせる(・・・・ただの金欠病でやんす)
家人はこれを見越したが如く酢飯を拵えた

海苔は博多の【磯飛翔】お醤油は裏日本の【いしリ】とか
鮪とかしめ鯖だとかの具財はありきたりさ


ところが見慣れないものを卸している
『やまわさび』とかいうものでスーパーで手にいれたらしい
これが結構いけた

お味は少しマイルドな感じの山葵といったところか

黄緑0806

お陰で近くを【荒川】が往く
この河川は荒川放水路と呼ばれております


ここ二年以上ほったらかしにしていた朝顔に元気がない
なんか
葉っぱがなよなよしている、連日の猛暑で水分が不足したのか
そこでおいらは
夕方の陽が落ちたころから一時間ばかり
水をぶん撒いた、建物といわず隣家の壁といわず


とりあえず
朝顔の根っこに届け

(つぐひ、朝顔の葉っぱはしっかりと膨らんでおりました)



この宿根朝顔は岐阜の造園さんから送られてきたものです
毎年11月の終わりごろに自ら葉を落とし
翌の五月には新芽が出て参ります

盛夏の頃には高い天井までを覆い
家の中はまるで『森林』のような冷気に包まれます




そんな朝顔君に
今日はごめんといいました
あはは



300806 19:19




人気ブログランキングへ
次のページ

FC2Ad